徒然なるままに…
noekoba
■スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2007.05.03 Thursday cm0 -
■好きだ、

評価:
宮崎あおい,石川寛,永作博美,瑛太,小山田サユリ,野波麻帆,加瀬亮,大森南朋,西島秀俊
レントラックジャパン
¥ 3,860
(2006-09-22)

あいかわらず静かな作品をつくる人だなぁと思った。見終わった後なんだか切なくてさみしくなるような不思議な感じ。決してこの作品が嫌いだとかいうわけじゃないのに、見たことをちょっと後悔するような胸がそわそわした気分になった。学生時代と社会人になってからのキャスティングぴったりで素晴らしく、本当に二人が大人になったらこんな雰囲気なのではないかと思った。台本があるとは思えないようなのびのびとした会話のシーンが多くて、映画を見ているというよりも現実に起きている出来事を見ている錯覚に陥ってしまった。答えを濁すというか、受け手の捉え方によっていろんな見方のできる作品なので、また少し経ってから見たら感じ方や印象が変わるのではないかと思う。


2007.05.03 Thursday cm5 -
■恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~

評価:
マシュー・マコノヒー,トム・デイ,サラ・ジェシカ・パーカー,ズーイー・デシャネル,ジャスティン・バーサ,ブラッドレー・クーパー,トム・J・アストル,マット・エンバー
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
¥ 3,269
(2007-02-09)

サラジェシカかわいーい!SATCの時よりもこの作品ではナチュラルなかわいさが出ててとっても良かった。ストーリー的にはよくある話だけど、親離れできない息子を自立させる仕事っていうのはちょっと珍しくておもしろかった。家族だったり昔からの友達、ルームメイトや変な鳥などまわりの登場人物や情景があっての2人という感じであたたかい感じがした。そしてなんといってもサラジェシカのファッションが素敵だった。おしゃれで洗礼されてるけど、堅すぎないというか柔らかい着心地の良さそうな物が多くて、ストーリーや町の風景ともとてもよく合っていた。それはサラの着こなし方や彼女自身の雰囲気がそうさせているのかもしれないけど、どの服も好きなテイストで見ていて楽しかった。これからもこういう笑顔の多く楽しそうな、柔らかい役を演じてほしいなと思った。

2007.05.01 Tuesday cm0 -
■トラブル・マリッジ カレと私とデュプリーの場合

評価:
ケイト・ハドソン,アンソニー・ルッソ,ジョー・ルッソ,オーウェン・ウィルソン,マット・ディロン,マイケル・ダグラス
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
¥ 3,686
(2007-03-15)

ケイトハドソン大好きで久々の作品だったから楽しみにしてたけど、正直いまいちだった。もっとケイトの魅力を出せる役であってほしかったな…昔と比べるとやっぱり老けたなって思っちゃうのはすごく痩せたっていうのもある気がした。ケイトはもうちょっとふっくらしてて、ニコニコ笑ってる笑顔の似合うかわいい役が似合うと思う。オーウェン演じるデュプリーも最初っから自由でいい奴って感じだったからストーリーの展開もエンディングも簡単に想像できちゃった。けどそれがいかにもなアメリカ映画で良いのかなって感じもした。楽しくわいわい見たい時にはいいかも♪


2007.05.01 Tuesday cm0 -
■パビリオン山椒魚

評価:
オダギリ ジョー,冨永昌敬,オダギリジョー,香椎由宇,高田純次,麻生祐未,光石研
ジェネオン エンタテインメント
¥ 3,859
(2007-04-25)

やばい映画を見ちゃったって感じ。なんか怪しいし不思議だし、独特の世界観がかなりツボだった。キャストも癖のある人ばっかでおもしろいし、ストーリーも正直よくわかんない…ただそれがものすごく味があって良い!オダギリジョーのどんどん壊れてく姿が魅力的で、やっぱり雰囲気あって素敵な俳優さんだなと思った。実はストーリーにも深い意味があるらしい作品なので、今度はそういうのも調べてもう一度見直したいな。
最後の「気持ち悪いけどかっこいいよー」って台詞が全てを綺麗にしめてる気がしてスッキリした。とりあえず意義なーし!

2007.05.01 Tuesday cm0 -
■ただ、君を愛してる

評価:
玉木宏,市川拓司,新城毅彦,宮崎あおい,小出恵介,上原美佐,青木崇高,大西麻恵,黒木メイサ
エイベックス・マーケティング
¥ 2,980
(2007-03-16)

ずっと気になっててやっと見れた作品だっただけに期待も大きかったけど、その期待を裏切らないすばらしい作品だった。静流のキャラクターがとても奇想天外で、大人になりたくない自分とちょっと重なった…興味のある写真が絡んでるのもこの作品を好きになった理由のひとつかもしれない。意外にも範囲が狭くて、学校と森と家と最後のアメリカでのシーンで主につくられてるけど、そんなに少ないシーンしか使われてると思わないのはやっぱ森のシーンが多いからかな?あんな自然がまだ残ってるんだって興奮したし、行ってみたくなった。大人になるのとか成長するのってすごくいやで怖かったけど、この作品を見てそんなに悪いもんじゃないのかもって思えた。ドーナツクッキーが主食ってかわいい…


2007.04.27 Friday cm0 -
: 1/4 : >>
Archives
qrcode
Links